たまる!byフジテレビ

ログイン

祝!年末年始連載決定!!
やっぱり、なまはげ!きりたんぽ!
初冬の秋田は魅力満載!2 男鹿半島~大館編

Written by スタッフ:フジヤマ

わたくし、たまる!スタッフフジヤマの遅い夏休みであります「初冬の秋田」レポート。
おかげさまで年末年始にわたり、先週を含め全4回の連載が決定となりました。
(1回で書ききれなかったもので……すみません。しばらくの間お付き合いください……
あと、すみません、年末年始ブログの更新がお休みになります。次回は1月13日予定です……)
12月9日からの3泊4日の夏休み。今回はその2日目、12月10日のレポートであります。

今回は、前日に宿泊した「男鹿半島」をまずは引き続き観光し、2日目に宿泊する「大館」に向かうというコースをたどります。
今回も「男鹿半島」ですから、もちろん出ますよ「なまはげ」。
それから、もともと天候が悪いという予報。初日は晴天に恵まれたのですがこの日は朝から怪しくなっております。
が、しかしそのおかげで……ということもこの日起こります。
前回に続き非常に長めとなっております。よろしければ、どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

こんなにもたくさんのなまはげに出会うことになろうとは!
そして期待以上においしかった料理の数々。
こちらをご紹介させていただこうと思います!

秋田旅ブログ画像
秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

初日宿泊の「元湯 雄山閣」さんの朝食からスタートします。
こちらが朝食です。

秋田旅ブログ画像

何といっても目を引くのは正面の「ハタハタ生姜煮」ですね。
しっかり煮込まれているのでほんとに骨まで柔らかい。頭から全部いけちゃいます。
それからメニューの中に結構ネバネバの食べ物がいっぱいで四品ありました!
「納豆」「じゅんさい」「やまいも」そして「ギバサ」。
「ギバサ」というのは、非常に粘り気のある海藻で秋田では昔から食べられている郷土食だそうです。
こちらは男鹿でとれたもののようですね。とにかくめちゃくちゃ粘ります。
あきたこまちも旨み、甘味と粘りのバランスがいいですね。さすがです。
もう、ごはんが何杯あってもたりませーん!!たすけてー!

秋田旅ブログ画像

実は昨夜めちゃくちゃ雨が降ったのです。寝ていて音で目が覚めるほど。結構大きな雨の音がしてました。
それでも何とか朝に上がった様子で、まだまだ黒い雲が出てますがなんとか隙を見て出発です!

秋田旅ブログ画像

このまま何とか雨が降らないでいてほしい!!

秋田旅ブログ画像

道の途中。晴れ間も出てきました!いい調子です!

まず本日最初に向かったのは「八望台」というところ。
ここで見たいのは、「マール」。
「目潟」ともいうそうなのですが、これを見に行きます。
「一ノ目潟」、「二ノ目潟」、「戸賀湾」が一望できるということなのです。
って、何のこと?とお思いの方。この後それをお見せしますよ。

さて、生まれて初めての地。カーナビの案内に従って車を走らせているわけですが、途中でこんなものが出てきました。

秋田旅ブログ画像

12月に入るとこのように通行止めになる道が各所にあるみたいです。要注意ですね。
だいぶ焦りました。
カーナビのおかげで迂回しながら進みます。

あれれ、結構降ってきました。
「八望台」ではパノラマを楽しみたいところなのですがこの雨では難しそうです。

……なのですが、この雨のおかげで途中神秘的な雰囲気の場所にも遭遇。

秋田旅ブログ画像

日が差しているのですが、雨が結構降っている状態です。
なんだかちょっと神秘的な気分になってきました……。
かなり降ってますが、日は差しているので雨がちょっとでも止むことを期待して丘の上の「八望台」に向かいます。
「八望台」の駐車場に到着。
雨が止むのを少し待っていました。
止むどころか結構激しく雨が降ってきて、見学をあきらめかけていたその瞬間、なんと!

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

虹です。
肉眼だと写真で見るより相当はっきりとした、しっかりした非常に強い光の虹が出たんです!!
しかも、見えますか?……2重になってます。
ちょうど「戸賀湾」から上がっているようにも見えます。
とても特別なものを見せてもらった気分です。

実はこの後あきらめていったん山を下り、海沿いの別の場所に移動し始めていたのですが、少ししたら雨が止み始めたので再び「八望台」に引き返しました。
なんとか見学ができそうです。
さっきの虹は本当にあのタイミングでしか見られなかった貴重な体験だったことを改めて感じました。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

こちらが「八望台」から望む「戸賀湾」と「二ノ目潟」です。

秋田旅ブログ画像

(手前の丸い池が「二ノ目潟」、画面奥が「戸賀湾」)

池が丸い!
これは「マール」(目潟)と呼ばれる自然現象による湖だそうで、火山活動によってできたものなのだそうです。

秋田旅ブログ画像

上空から見ても円いというのがよくわかります。
どのように出来上がったかこちらに書かれてました。

秋田旅ブログ画像

そして、この「戸賀湾」も4つ目の火山湖と言われているそうです。
確かに丸い。そして相当大きい。
ものすごいエネルギーによる爆発で、こんなに大きな穴が4つもできちゃったということなんですね。
自然の力強さをまざまざと見せつけられます。

秋田旅ブログ画像

さて、続いて向かうのは「真山神社(しんざんじんじゃ)」
こちらは「なまはげ」にゆかりのあるパワースポットとのこと。
神社のサイトには、「「柴灯祭」は長治年中(平安末期)より行われてきた由緒ある祭儀であり、正月三日境内に柴灯を焚き上げ、この火によってあぶられた大餅をお山の神に献ずる儀式が執り行われます。この餅を受けとる為に下山するなまはげは、この神の使者「神鬼」の化身だと云われています。」と書かれています。

……え? 前回「なまはげ」は「鬼」なのか「神様」なのか。わたくし混乱をしていたのですがなんと「神鬼」という言葉が。
ううむ。
奥が深い。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

気になったのがこちら↓

秋田旅ブログ画像

境内の枝に結び付けられているのが金色のおみくじ。
なんだか縁起がよさそうです。

秋田旅ブログ画像

こちらですね。

私は「なまはげのお守り」をいただきました。

秋田旅ブログ画像

昨日の観光案内所の方のお話では、この「なまはげのお守り」はここでしかいただけないとのことでした。
こちらにお参りに来たのはこのお守りをいただくというのが目的の一つでした!

秋田旅ブログ画像

さすが「なまはげ」にちなんだ神社ということでほかにもたくさん。こちらにお参りの際には是非チェックされてみてはいかがでしょうか?

秋田旅ブログ画像

さて、次に向かおうと神社を後にしたら目の前にこんな建物が……

秋田旅ブログ画像

中をいろいろと拝見していたところ、お店の方が出ていらっしゃいました。
聞いてみると、すぐ裏で飲食のお店をやられているとのこと。
少し休憩がてらうかがってみることにします。

秋田旅ブログ画像

(先ほどの建物のすぐ横に案内が……)

秋田旅ブログ画像

こんな感じで大自然に囲まれてとてもいい雰囲気。(あとで干し柿もいただきました!甘かった)
この日はそこまで寒くないので外のこの席で何かいただくことにしました。

秋田旅ブログ画像

表の看板にもあった「木の実のジュース」というのがとても気になります。
伺ってみると、なるべく山でとれた無添加のものを材料にして出されているそうでした。

秋田旅ブログ画像

まず、わたくしほとんど聞いたことない植物です。汗)
この中から、「がまずみ」と「やまぼうし」を選んでみました。

秋田旅ブログ画像

奥の赤い方が「がまずみ」。手前の白い方が「やまぼうし」です。
「がまずみ」の方がちょっと酸味があります。
「やまぼうし」は酸味もなくまろやか。どちらもとてもおいしいです。
どちらも甘い。けどすっきりしてます。
ちょっと調べてみました。
「がまずみ」は、赤い実がなるということで見ても楽しめる植物。落葉低木だそうです。
その実にはポリフェノールやビタミンCが含まれていて食されることも多いそうです。
「やまぼうし」の方は「ハナミズキ」の仲間だそうで白い花を咲かせるのだとか。実は赤いのだそうです。
どちらも甘い実なので食されるということでしたが、わたくしは初めてでした!とてもおいしかったです。

と、メニューでもう一つどうしても気になるものが……

秋田旅ブログ画像

「むきそば」
ううむ、「スプーンで食べる」「そば」……
こちらも注文してみました。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

うまい!
そばの実をおそばの形にするのではなく、むいてゆでたもの。
初めていただきましたけどおいしいです。
手前の黄色いのは「やぶかんぞう」というお花だそうです。
近所に生えているそうなんですが、これがシャキシャキしていてアクセントに!

そしてセットでサービスのお茶は「クロモジティー」

秋田旅ブログ画像

先ほどの案内所の窓には2018年の信濃毎日新聞の記事が貼ってあって、「クスノキ科クロモジのエキス インフル予防効果見込める」とあります。これによると、養命酒製造の発表で、国立国際医療研究センターと愛知大医学部付属病院とのヒトを使った実証実験での研究成果とのこと。「クスノキ科の低木クスノキから抽出したエキスを継続して摂取するとインフルエンザの感染予防に効果が見込めるとの研究成果」と書いてあります。
へーぇ。

ううむ。なにからなにまでとても自然派のこちらのお店。いいですね!空気もきれいだし、お参りもしたし。
なんだかとても清々しく体の中からキレイになった気分になります。
「森の木の実ジュース」さん。
はい、ここオススメ!

駐車場に戻って次に移動します。
ここのトイレ。「なまはげ」です。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

「なまはげ」って青と赤の2色でちょうどよかったですね。
そしてこんな注意書きが……

秋田旅ブログ画像

虫はわかるんですけど、ドア開けといたら入ってくる動物って何でしょう。
ちなみに「なまはげ」は「神様」でしたよね。(もしくは鬼?ではなく神様ですよね)
ううむ……

さて、続いてはそのまますぐ下にある「なまはげ館」にやって参りました。

秋田旅ブログ画像

ここまできたらしっかりと「なまはげ」について学んで帰ろうということです。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

ここでは「なまはげ」の歴史やどのように行われているかなど詳しく見ることができます。
こちらに掲載することができませんが、ドキュメンタリー映像で実際に「なまはげ」が家にやってきて子供たちが必至で泣き叫んでいる映像など見ました。
家に入ってくるときなどはあまりしゃべらず「おーーー」「うーーー」とうなりながらやってくるようで。大人でも夢に出そうですよ、こりゃ。
そのほかにも受け入れるおうちの方にもお作法があって、最後に「なまはげ」を主人と子供でおもてなししたりするそうなのですが……全く知りませんでした。
この映像を見るのはおすすめですね!
それからお面などをつけて「なまはげ」になりきるということもできるんです。
で、やってみました。

秋田旅ブログ画像

どうでしょう。かなりお面て大きいのですね。しっかりしてます。
こちらもお越しの際には是非!
この他、いろんな「なまはげ」がたくさん並んで展示されている場所もありまして……

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

お面というか顔の作りって全部違うんですね。とても怖いものやちょっとファンタジックなものや……
集落ごとに違うという説明も聞きました。
……圧巻です。

最後にお土産物屋さんもありますし、こちらおすすめですね!
ちなみに外にはこんなものが。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

ポストも街灯も「なまはげ」です。
もう、わたくしすっかり大好きであります!!!

さて、こちらを後にして次に向かうのは、一番西の端っこ「入道崎」
パンフレットによると、「夕日の見どころ」とのことで多くの方が訪れるとのこと。
ここには「日本の灯台50選」にも選ばれている「入道崎灯台」があります。

秋田旅ブログ画像

向こうに見えるのが灯台ですね。
4月下旬から11月上旬だと中を見学できるそうです。国内3000以上ある中でたった16か所しか登れないようです。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

こちらの駐車場にはお土産物屋さんやお食事ができるところが並んでいます。
ここにも人の高さの「なまはげ」がいました。

秋田旅ブログ画像

結局雨は朝方だけで、雲の切れ間から青空ものぞいています。
気持ちいい!トンビが飛んでます。

さて、ここを後にしようと車を走らせたとき不思議な看板が飛び込んできました。

秋田旅ブログ画像

ん??
唐突に「UFO」の文字。
よく見ると、「ご希望の方にはビデオをお見せいたします」と書いてあります。
めちゃくちゃ気になります。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

「UFOラーメン」!!
めちゃくちゃ気になるのですが、残念。閉まってます。
次回は絶対に入ってみたいと思います!!
うに丼も普通においしそう。

さて、そろそろ本日の宿の方に向かいます。
男鹿半島の端っこにいるのですが、ここから「大館」に向かいます。
およそ100キロ、車で2時間くらいかかるみたいです。
ひたすら走ります。

で、本日のお宿はこちら。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

「アネックスロイヤルホテル」さんです。

例によって、こちらのお宿ももちろんたまる!サイト内の「じゃらんnet」さんでネット予約しました。
たまる!の「コインをもらう」コーナーの中の「ネットで買い物/予約」→「旅行」のところに掲載されています。
じゃらんnetさんは特に注目キーワードに入ってますから、ここから行くのが便利!これ、重要です。

  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像

今回はこんなプランで申し込みました。
 「【早割14 10%off】朝食付き●天然温泉展望大浴場ドライサウナ付無料~駐車場無料大型車可●」
金額が2名で10,470円。
ということで、Pontaポイント104ポイント、じゃらん限定ポイント104ポイントで合計208ポイントがもらえます。
さらに、たまる!経由で予約しましたから、これに加えてたまる!のコインが62コインたまるのです。

ただただ、ネット予約するときにたまる!をただ経由しただけで…

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」での予約でコインGET

ちなみにこちらのお宿、なかなかサービスがすごい!
まず、温泉。

秋田旅ブログ画像

もちろん天然温泉。そして、窓から市街が見えるじゃないですか!気持ちいい!
そして、なんとなんと!

秋田旅ブログ画像

宿泊するとなんと、「かけそば」とおかわりOK「特製カレー」が無料でついてくる!
え?朝食だけのプランのはずが、これじゃぁ夕食もついてるのと一緒じゃないですか。
なんすか、これは!びっくりしました。

さて、今回の旅。なぜ秋田を選んだかというと、実は10年くらい前に新橋でよく通っていたバーがありまして。
当時とても仲良くしてもらっていたその店のバーテンダーさんがその後実家のある秋田に引っ越して、地元でバーを開業すると。
それがここ大館なんです。
開店してから割とすぐの2012年に一度訪問してます。
その際にどうしてもサプライズで突然東京から大館のお店に現れて驚かせてやろうと思ったのですが、その日お店の休みの日だったら会えないと思い、友人に偽名で予約を入れてもらったんです。
で、当日、彼の店をなんとか探していってみたところ、お店のドアを開けた瞬間に「あ、こんばんは。いらっしゃると思ってましたよ。」と言われてしまったのです。
聞いてみたら、「こっちの方言じゃない人からの予約なんで絶対東京の、しかも常連のお客さんだなと思った。」とのこと。
めちゃくちゃ悔しい思いをしたのです。
で、それから7年。
今回はその予約も入れずホントに突然訪問することにしました。
お店の情報がネットにほとんど出てないため、店が定休日や臨時休業でこの日やってないという可能性もありますし、彼が休みで別の人が店に出ている日……という可能性もあるわけです。
ネットで今回調べたところ、どうやら移転をしているということで、今回もまた、場所探しからスタートです。

と、ここでふと気が付きました。
久々に登場するということまでは思いついたものの、お土産的なものを買ってきてないじゃないか!!
しまったーっ!!やってしまった。
どうしようどうしよう……

と、そこで、お花を買って持っていこう という案を思いつきました。

なんとか検索してたどり着いたのがこちら「アバフローリスト」さん。

秋田旅ブログ画像

2つの建物が中でつながる構造になってまして、入り口のイメージよりも広い店内。
こちらでアレンジメントをお願いしました。いい感じのお花ができました!ありがとうございます!

ホテルまでの帰りにイルミネーションが!気持ちも盛り上がってきましたよ!

秋田旅ブログ画像

さて、バーに向かう前にまずは夕ご飯です。
こちらも楽しみにしておりました。秋田名物「きりたんぽ」!
今回も、前回に訪問した際と同様に老舗きりたんぽ専門店「元祖むらさき」さんにお邪魔します。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

これです!これこれ!!
伝統の味「きりたんぽ鍋」こちらを注文します。
お通しは 鶏皮ポン酢。あじがこゆい。ビールがすすみます!
セットについてるなます。こちら、スッキリしてありがたいです。

そうこうしているうちに、きました!「きりたんぽ鍋」

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

このお店で作ってます。ご自慢の手作り!!
ほどよく味が染みてしっかりとした味わい。
お米のつぶつぶが少し残りつつ、柔らかすぎず固すぎず。
たまりません。

秋田旅ブログ画像

そして、この「セリ」がありがたい。
味付けがいい。
比内地鶏のだしとおしょうゆのバランスが絶妙。鶏のうまみがたっぷり充分でございます。

決してしょっぱいとか濃すぎると言うことなくほんとにおいしい!

秋田旅ブログ画像

ねぎと舞茸が入ってますよ。
比内地鶏は適度にしっかりと身がしまってます!
旨みがじゅわーっとでてきます。

秋田旅ブログ画像

一緒に注文した「比内地鶏塩焼き」。
ゆず胡椒をすこーしつけて。こちらは皮がパリッと!

ここで、鍋に「セリ」を追加しました。「セリ」サイコー。
そしたら、なんと「セリ」の「根っこ」がついてきました。

秋田旅ブログ画像

これです。
なんとなんと、歯ごたえたまらん。
シャッキシャキです。
細い分シャキシャキがより鮮明に!
めちゃくちゃおいしいじゃないですか!

ここで気づいたこと一つ。
セリを追加したら、いったん鍋をさげられて、そこに追加して煮られた状態で改めて出てきました。
ということで、また鍋が熱々に!!!
これ、いいシステム。要チェックです…………


そして、おつまみに「あみたけ」を追加。

秋田旅ブログ画像

佃煮のような状態で、表面がねばっと。しかし、歯ごたえシャキシャキ感もあり。大根おろしがよく合います。

そしてまた、日本酒をいただきます。
ああ…………

「またきてたんせー」

ホントにおいしかったです。大満足です。ごちそうさまでした!!

さぁ、いよいよ。私の個人的なメインイベントです。
目的の例のバーに向かいます。

表からみると窓から光がこぼれてます。
どうやらやっているようです。
ドアをあけて中に入ります。
「こんばんは~」
「あらっっっ!……」

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

作戦成功!さすがに驚いていただきました。
ここで早速「アバフローリスト」さんでアレンジしていただいたお花をプレゼント。

秋田旅ブログ画像

喜んでいただけたようです。
ホッとしました。

お互いの笑い声で一気になごみます。
来てよかった!
前に訪問したのが7年前で、その開店時のお店の場所からこの場所に引っ越してからもう何年にもなるそうで、またこの間にお子様もお生まれになったとのこと。
月日の経つのは早いなぁと感じました。
こちらのお店は店主兼バーテンダーの三浦さんおひとりでやられているということです。
お酒もずらっとそろってますね。
まず最初に頂いたのは「モヒート」

秋田旅ブログ画像

どうです?三色できれいですね。オリジナルカクテルのようです。
この他、ウイスキーやジン、グリーンワインなど珍しいものをいろいろと出していただきました。

秋田旅ブログ画像

ほんと、お店としてすばらしい。居心地もよく、相変わらずいい仕事をされております。
近所だったら通うのになと思いました。しみじみ……

秋田旅ブログ画像

「Bar TIMES」
(居酒屋『割烹 美さわ』さん隣接)

大館にいらっしゃった際には、是非!
ソフトでイケメンの店主兼バーテンダーが最高のおもてなしでお待ちしておりますよ。
はい、こちらオススメ!


さぁ、宿に帰ります。
が、お店のドアを開けた瞬間、別世界。霧がものすごく深い!!

思い出しました。
7年前もそうだったのです。
お店を出たらものすごく霧が深かった。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

これ、写真で見るよりも実際はもっと深い霧のイメージでしたね。
カメラのフラッシュをたいて撮影してみると……

秋田旅ブログ画像

これ、雪じゃないですよ。霧なんです。
霧のつぶつぶが大きいということなんでしょうか。
こんな写真撮れたの初めてです。

今日は、朝から神秘的な森を車で走ったり、と思ったらとてもしっかりした虹が出たり。
最後もまた神秘的な深い霧に包まれました。

久々の再開あり、なんだか不思議な一日でした……

……ということで、今回のご報告はここまで。
次回、3日目に続きます……
もうしばらくお付き合いください。

  • 【今回お世話になったスポット】
  • ・元湯 雄山閣
  • 秋田県男鹿市北浦湯本字草木原52 0185-33-3121
  • ・八望台
  • 秋田県男鹿市戸賀浜塩谷和山
  • ・真山神社
  • 秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97  0185 -33-3033
  • ・真山・本山登山道案内所
  • ・森の木の実ジュース
  • ・なまはげ館
  • 男鹿市北浦真山字水喰沢 0185-22-5050
  • ・入道崎
  • 秋田県男鹿市北浦入道崎昆布浦2
  • ・UFO
  • ・アネックスロイヤルホテル
  • 秋田県大館市常盤木町11-11 0186-43-1111
  • ・アバフローリスト
  • 秋田県大館市 御成町2丁目1-1 0186-42-5587
  • ・元祖むらさき
  • 秋田県大館市幸町12-9
    0186-42-0741 (店舗での食事・予約・お問い合わせ)
    0186-59-5033(通信販売・お持帰りの予約)
  • ・Bar TIMES
  • 秋田県大館市新町60  0186-57-8895
  • 【今回のポイント】
  • ・「キバサ」の粘り気はすごい
  • ・冬季は全面通行止めの道がある
  • ・雨が降っていて晴れ間が出たら太陽を背にして虹を期待
  • ・「マール」は地球のエネルギーを感じざるを得ないが丸くて美しい
  • ・なまはげお守りなら「真山神社」
  • ・木の実のジュースは甘いのにさっぱりしてておいしい
  • ・「むきそば」は後で調べたら山形の特産品みたいだが、珍しくておいしかったから大々的に載せちゃう
  • ・駐車場のトイレには虫以外に動物も入ってくるが、一体何の動物なのかはいざ入って来てみてからでないとわからない
  • ・「なまはげ館」の「なまはげ」の数はものすごい
  • ・「入道崎」のUFOが気になって仕方がない
  • ・「アネックスロイヤルホテル」さんに宿泊すると夕食に「かけそば」や「おかわりOK特製カレー」がついてきちゃう
  • ・「元祖むらさき」さんのおかみさんは今回秋田の予習に使わせていただいたブラタモリにもちらっと映っていた
  • ・7年前に新橋から地元に戻ってバーを開いているイケメンがいるのは大館と言っているが大館駅からはちょっと遠く、東大館駅の方が断然近い
  • ・大館の夜は霧深い
…そして
・たまる!経由でレンタカーや宿をネット予約するとコインがたまる!