たまる!byフジテレビ

ログイン

なまはげ!ハタハタ!石焼料理!!
初冬の秋田は魅力満載!

Written by スタッフ:フジヤマ

今回わたくし、だいぶ遅い夏休みをいただきまして「秋田」に行ってまいりました。
12月9日からの3泊4日。初冬の秋田は初めてです。

こんなにもたくさんのなまはげに出会うことになろうとは!
そして期待以上においしかった料理の数々。
こちらをご紹介させていただこうと思います!

秋田旅ブログ画像
秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

今回私は、男鹿半島→大館→乳頭温泉の順に泊まります。

さて、秋田空港に着きました。現在の時刻午前9時。
まずはレンタカーですね。
今回は前日にネット予約してタイムズカー秋田空港店さんでお借りすることにしました。

秋田旅ブログ画像

(お世話になったタイムズカー秋田空港店さん)

こちら、たまる!のサイトを経由してネット予約をするとコインがもえらえるのです。
たまる!の「コインをもらう」コーナーの中の「ネットで買い物・予約」→「旅行」のところに掲載されてるんです。

  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像

これでコイン170枚GETです。
私は旅行の際にはまずたまる!サイトに掲載されているサイトをチェックします。
ただ、たまる!の中で予約サイトを探して、そこから予約するだけでコインがもらえるんだから、もはややらない理由が見つかりません。
はい、これオススメ。

タイムズカーさんでのレンタカー予約でコインGET

さて、空港から車を走らせ、男鹿半島に向かいます。そう、「おとこ・しか」と書いて「おが」と読みます。
最初に向かったのは、こちら、「男鹿総合観光案内所」。秋田空港や秋田駅方面から車だとちょうど男鹿半島の入り口にあたる場所にあるのでここで情報を仕入れて向かうというのがおすすめです。ちなみに近くで見ると「なまはげ案内所」と書いてあります。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

そう、秋田といえば「なまはげ」。
そのなまはげというのは、秋田の中でもここ男鹿半島周辺の民俗行事ということなのですね。
出刃包丁もって「泣ぐ子はいねが~!」というあれです!!
「男鹿のナマハゲ」というのは、国の重要無形民俗文化財であり、さらにはユネスコの無形文化遺産にも「来訪神:仮面・仮装の神々」のひとつとして登録がされているのだそうです。
……ここで気が付きました。私勘違いをしておりました。
なまはげというのは、「鬼」じゃなくて「神」だったのですね。
「来訪神」というのも面白いですね。“出刃包丁を持って来訪される神様”ということのようです。知りませんでした……

秋田旅ブログ画像

(男鹿総合観光案内所入り口のなまはげ立像、こちらが目印です!)

こちらの観光案内所の方に男鹿半島をこれからどのようにまわるのがよいかを教えていただきました。ものすごく丁寧なご説明でした。みなさんもいらした際にはおすすめです。
ちなみに、ご案内いただいた係の方は、世界何だコレ!?ミステリーと林修のニッポンドリルをよくご覧いただいているそうで。旅行の前週に放送したFNS歌謡祭も「全部みたわよ~」とおっしゃっていただきました。ありがとうございます!!

本当はゴジラ岩というゴジラに見える岩のある海岸などの海岸沿いの方を進んでいって、宿の方へ向かうルートをおすすめいただいたのですが、もともと天気予報では雪だったところが快晴のとても気持ちのいい天気だったので、眺めの良い高台に行きたいと思い、ちょっと寄り道して「寒風山」というところに先に観光に行くことにしました。
観光案内所でいただいたパンフレットによると、「眺望 世界三景 寒風山」は山頂から360度男鹿半島が見渡せる場所で、頂上には1回転13分で見学できる「寒風山回転展望台」があると書いてあります。

秋田旅ブログ画像

駐車場に車を駐めて、少しだけ徒歩で登ります。上に見えるのが回転展望台ですね!
「寒風山」とはよく言ったもので、その名の通り風が強くてめちゃくちゃ寒い!

で、風がビュービュー吹き付ける中登り切ったところ……

秋田旅ブログ画像

よく見てみたら、なんと今日から冬季休業。(訪問日12月9日)
昨日まで営業してたのか……!!!
しかも↓

秋田旅ブログ画像

工事入ってます。。。
でもよく見てみるとこんな発見が!

秋田旅ブログ画像

工事の際によく置いてある仕切りです。
いろんなバージョンを街で見かけますが、なんとこちらはなまはげバージョンなのですね。
かわいいじゃないですか!
こんなのが見られたので、良しとして次に向かうことにします。

そろそろランチの時間です。
「男鹿海鮮市場」に併設の「お食事処海鮮屋」さんに向かいます。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

いろんなメニューがありますね。
秋田最初の食事、わたくしはこの中から「本日の焼魚:ハタハタ」を選びました。
とにかく秋田名物「ハタハタ」は今が旬と聞いております。これは外せません!!

運ばれて来ました!こちら!!

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

こちらがハタハタ。
そしておなかのところに見えるのが卵です!
メスで卵が入っているものはオスよりも高いみたいですよ。
では早速その卵をいただいてみます。
……おおっと。プチプチという感じかと思いきや、意外としっかりと弾力があるんですね。そしてなんだかネバリもすごくあります!

秋田旅ブログ画像

身の方も味がしっかりしていておいしい!ご飯がすすみます!!
またあら汁がうまい!
お店の方に何が入っているのか伺ったら「鯛」や「ハマチ」や「海老」などいろんなものが入ってるということで、いい味がしっかり出てます!
お客さんにも大人気なのだそうです!
秋田1食目。大満足です。

ちなみにこちら、すぐ隣に併設の「男鹿海鮮市場」では、ハタハタがバケツで1杯1000円で売られてました。
安い!豪快!
お土産物などもこちらで買うことができます。ココおすすめ!

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

さて、次に向かうのは塩瀬崎「ゴジラ岩」。
パンフレットによると、南磯一番人気の奇岩怪石とあります。
ちょうど夕焼け時に背景が赤くなり、ちょうどゴジラが火を吹いているように見える岩があるというのです。

海沿いを走りながら探していると道沿いに看板が出てきました。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

駐車スペースもあるようで一安心。
風も強く非常に寒いですが、探してみます!

秋田旅ブログ画像

……が、しばらく探したのですが、似たような岩がたくさんあって全くどれだかわかりません。
もう一度看板の方に戻ってみると、説明が。
こういうものは、ちゃんと見ないとだめですね。

秋田旅ブログ画像

しかも、そちらに向かって歩いていると、電信柱にも案内が……

秋田旅ブログ画像

※教訓:案内はちゃんと見てから行こう。また周りをよく見るとヒントがある場合も。見失ってもまずは落ち着こう。

案内に従って岩場を少しだけ歩いていくと……

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

ありました!

秋田旅ブログ画像

時間的に夕焼けではないので、ゴジラが火を吹いているという感じとはいきませんが、もしこちらに行かれる場合には行き方参考になさってください!困ったら電信柱っす。

さて、ゴジラ岩を後にして、宿方面に海岸沿いを進みます。
すると、またまた道沿いに巨大ななまはげ像が出てきました。

秋田旅ブログ画像

(門前のなまはげ立像)

こちらも写真など撮影するにはいいスポットではないでしょうか?
パンフレットによると、高さ9.99メートル。
実はこのすぐそばに「赤紙神社五社堂」というところがあり、そこには鬼が築いたといわれている石段が999段あるのですね。そこから9.99メートルになったということだそうです。迫力あります。
この五社堂のエピソードが立像のところに書かれてます。なまはげの起源の一つということです。

秋田旅ブログ画像

ん???やっぱりなまはげって鬼ってことでいいということでしょうか?
だって見た目どう見ても鬼ですよね?鬼が神になったのか??
なまはげの起源についてはいくつか説があるそうで、それもなかなか面白いところです。

秋田旅ブログ画像

さて、まだ明るいうちに宿についてお風呂に入りたいと思いまして、いろいろと観光できる場所があるのですがそろそろ宿に向かっていきます。

今日泊めていただくのはこちら!
「元湯 雄山閣」さん!

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

そして、こちらの宿の駐車場にもなまはげの立像が!!

秋田旅ブログ画像

さてお部屋で少し休みます。
まず宿について楽しみなのが部屋のお菓子ですよね。

秋田旅ブログ画像

(めちゃくちゃおいしい秋田銘菓なまはげ太鼓)

しっとりしていて中にあんが!おいしいじゃないですか!こういうの好きっす!これおすすめ!

秋田旅ブログ画像

何から何までいいですね!秋田サイコー!

さて、お風呂に向かいます。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

なぜ今回この宿を選んだというと、お風呂なんです。
宿のサイトを見ると、お風呂の中の壁面になまはげの顔があるみたいで、どうせなら是非見てみたいと思ったのです。

で、入ってみると……

ジュブォッッッッシュプシッシュッシュッシュ、シュボッ!
なんすか!これは!!!

お湯です。
お湯がなまはげの口から出ているパイプから勢いよく飛び出します。

普通、ジョロジョロと出続けたり、湯船から上がった時にお湯が減ってジャーと出たりするじゃないですか。

違うんです。

勢いよくジュパッッと飛び出したり止まったりをずーっと繰り返しているのです。
これ映像でお見せしたかったですが、是非現地でご確認ください!

しかも湯の華がすごい。
噴き出している先の方の床面に、段々畑のように層になって塊になっているのです。

私、こんなの他で見たことがありません!!!。

露天風呂も入りました。
こちらにも壁面になまはげの顔があるのですが、お湯は別のパイプから。
で、内湯と同じ調子で不思議な勢いで飛び出してました。

男鹿半島にお泊りの際には是非、一見の価値はあると思います。

※お風呂の中なので撮影できませんでした!すみません。気になる方は「元湯雄山閣」さんのTwitterでご紹介されてますので是非ご覧ください。動画で見られます。

https://twitter.com/tayotsukichisa1/status/809237124624977920

さあ、夕食です!

男鹿半島といったらこれ!という名物。
「石焼料理」が待ってます。
焼いた石を鍋(木桶でした)に入れてその熱で煮るという豪快な漁師料理。
今回なんといっても“豪快!うまい!男鹿名物「石焼料理」を楽しもう!”プランで予約ですからね。
楽しみにしてましたよ!

秋田旅ブログ画像

まずはこちらが運ばれてきました。

秋田旅ブログ画像

この中で特に「寿司ハタハタ」というのが気に入りました。
決して酢飯にハタハタが乗っているといういわゆるお寿司ではなく、お米や麹などと一緒にハタハタを一定期間漬け込んで発行させるという秋田の郷土料理のようです。

続いてお椀が運ばれてきましたよ。

秋田旅ブログ画像

(あんぷら餅のお椀)

ジャガイモのことを男鹿では「あんぷら」っていうんだそうです。
その「あんぷら餅」がはいったお雑煮のようなお椀。
鶏肉が入っててこれもおいしい。
しょっぱいとばっかり思ってましたが、いえいえ、そんなことはございません。優しい味であったまる!
おかわりしたくなるお椀でございました。

秋田旅ブログ画像

そして、やって来ましたハタハタ塩焼き。
昼と被りました…汗。
しかし、とにかくハタハタの身の味がしっかりしてて美味しいのです。
いまがまさに旬!
魚が好きで料理好きの鎌倉方面に住んでいる友人が言ってました。
「旬のものはたくさんあがるから安い。しかしうまい。旬のものを食ってれば間違いない!」と。

秋田旅ブログ画像

茶碗蒸しには銀杏ではなくて、甘栗が入ってます。
だからですかねー、すこーし甘めでした。

しょっぱい料理ばかりかと思ってましたが、ほんとに優しい味の料理ばかりです。


そして……ついにメインの「石焼料理」。
こちらは、宿の方からお声がかかり、大きめの木桶で作るところをお客さん全員で説明を受けながら見学します!

秋田旅ブログ画像

炭の中で2時間から3時間かけて熱して500~600度になった石を木桶の中に投入していきます。
沸騰したところにワタリガニ、エビ、カワハギが入ります。

秋田旅ブログ画像 秋田旅ブログ画像

瞬間的に火が通るので、魚の身も引き締まり、臭みも取れるのだそうです。
普通の石だと100度に達する前に割れてしまうところ、この石だと1200度くらいまでもつそうで、使えるのは3回まで。割れてしまったらまた元の海に戻すんですって。
この石、火山岩である「溶結凝灰岩」という石を使ってます。これが、硬くて割れにくいのだそうです。旅行直前に放送していたブラタモリの秋田特集でもやってました。(これは予習済み)

秋田旅ブログ画像

石の投入は体験させてもらえます!
豪快です!

出来上がりはこちら↓

秋田旅ブログ画像

こちらの宿では、食べる際の器も木桶。じゃらんnetの今回のプランの説明によると、38代目の杉職人さんがこのお宿の石焼料理のために秋田杉で作った特注の器だそうです。
熱が外に伝わりにくいので保温性もあり、持っても熱くないので食べやすいですし、見た目も味わいがあっておいしさアップです!

さて、お世話になりました「元湯 雄山閣」さんですが、私は今回「じゃらんnet」さんでネット予約しました。
その「じゃらんnet」さんって、たまる!の「コインをもらう」コーナーの中の「ネットで買い物/予約」→「旅行」のところに掲載されてるんです。じゃらんnetさんは特に注目キーワードに入ってますよ!ここから行くのが便利!
旅行に行く場合私はできる限りたまる!サイトに掲載されているネット予約サイトで予約することにしてます。

  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像
  • 秋田旅ブログ画像

ちなみに今回予約した金額が2名33,000円でした。
ということで、Pontaポイント330ポイント、じゃらん限定ポイント330ポイントで合計660ポイントがたまるのですが、私の場合、このたまる!経由でじゃらんさんのサイトに行って予約したことで、さらにたまる!のコインも198枚たまるのです。

ネット予約するときに、たまる!をただ経由しただけで…

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」での予約でコインGET

おーっと、まだ初日の夕食。。ちょっと一回では書ききれません。。汗)
……ということで、今回のご報告はここまで。
次回に続きます……

  • 【今回お世話になったスポット】
  • ・タイムズカー秋田空港店
  • 秋田県秋田市雄和椿川字山籠40-1 018-881-3451
  • ・男鹿総合観光案内所(なまはげ案内所)
  • 秋田県男鹿市船越字一向207-219 0185-35-5300
  • ・寒風山回転展望台(残念!)
  • 秋田県男鹿市脇本富永字寒風山62  0185-25-3055
  • ・ゴジラ岩
  • 門前地区潮瀬崎駐車場の奥の方
  • ・門前のなまはげ立像
  • 秋田県男鹿市船川港本山門前
  • ・男鹿海鮮市場 食事処海鮮屋
  • 秋田県男鹿市船川港船川字海岸通り二号9-10  0185-22-0125(海鮮屋 0185-24-5233)
  • ・元湯 雄山閣
  • 秋田県男鹿市北浦湯本字草木原52 0185-33-3121
  • 【今回のポイント】
  • ・「なまはげ」は「鬼」じゃなくて「神」
  • ・「寒風山回転展望台」は冬季は休業。(日にちを事前に確認しよう)
  • ・男鹿では工事の際の仕切りも「なまはげ」
  • ・「ハタハタ」の「卵」の食感は「プチプチ」ではなく意外と弾力がある
  • ・「男鹿海鮮市場」ではハタハタはバケツで売られている
  • ・案内はちゃんと見てから行こう。また周りをよく見るとヒントがある場合も。見失ってもまずは落ち着こう。
  • ・「ゴジラ岩」は夕焼けの時に行くべし
  • ・「なまはげ」は「鬼」じゃなくて「神」だけど「鬼」が起源という説がある
  • ・「元湯 雄山閣」さんの大浴場では「なまはげ」の口(パイプ)から勢いよく温泉が噴き出している
  • ・男鹿ではジャガイモのことを「あんぷら」という
  • ・石焼料理は豪快でうまい
…そして
・たまる!経由でレンタカーや宿をネット予約するとコインがたまる!